中紀エリアでのタチウオ調査釣行

公開日: : 最終更新日:2015/07/06 釣行日記

今月6月に入り2回ほど釣行してアテが外れ悶々としております。
釣具屋のHPを見れば紀北エリアなどではメーター超えの良サイズも出ているとか。。。

地元でも朝マヅメでは出ているらしいのですが。。。ちと私は朝が苦手なのと通勤前の釣行は個人的にはハードルが高いので(笑)、夕マヅメに狙えそうなところはないものか。。。?そろそろ釣果が出だしても良い頃なのにぃ。

てな考えがよぎってきたので釣果情報を調べていたところ、目的のところでは無いですが近くまで来ているっぽいと分かったので「もう、我慢なんねぇだ!」と飛び出してみました。(笑)

釣行データ

釣行日:6月23日(火)
時間帯:18:40~21:30
天気 :晴れのち曇り
潮  :小潮 干潮16:27 満潮23:15

 

日中は雲の少ない快晴状態だったのだが、、、出発するころにはどんより曇天モード。
車庫から出て、少し走った頃合いにはフロントガラスに雨粒が数滴。。。(汗)
前回の釣行時のどしゃ降りが脳裏をよぎりました(;´Д`)

梅雨シーズンは、天気予報が刻一刻と変化して大丈夫だと思っても降ったり読めませんねぇ(汗)
でも、今回は不安はどこへやら。

フロントガラスへの数滴のみで済みました♪
相変わらず、曇天状態ではありましたが(^_^;)

現地に到着したのは18:40頃。
またもや、先客が2名居りました。。。

遠目から何釣りかと探ってみると
サビキ釣りのファミリーフィッシングな感じ。

暗くなりだしたら、帰りそうだな(ニヤリ)

そんな腹黒い事を考えながら、釣具を取り出し堤防まで移動しました。

釣座に到着と同時に場所を巡ってのトラブルは避けたいので
「こんちわ~」
「お隣入っても良いですか~?」

てな具合で挨拶を交わし、快く了解も得れて
いそいそとワインドの準備にとりかかります。

先客は夫婦?のようで旦那さんらしき方から

「なに狙いですか?」と

私「そろそろタチウオがきていないかな~?と来てみました」
男「でしょ?私もそう思っているんですよ」

マジか・・・。

ライバル出現?w

ま、ともかく準備を済まして釣り始めます。

日没目前で、まだ周りは明るいので

ZZヘッド1/2oz(シルバー)
ワインドシャッド75(ケイムラ・オレンジ ゴールドラメ)

をセットしてみます。

キャストし、ボトムを取りタダ巻きから開始です。

数投してみるものの反応がありません、ワームを確認してみますが歯型もついていません。。。
時間的に早いようで近くまで寄ってきていない気がします。

キャスト→リーリングを繰り返している時にワームをチェイスしている小型の魚影が!
どうやら、カマスのようです。

周辺がベイトを追っかけているようで慌ただしくなってきました。
カマスでしばらく遊んだ方が良さげ?

とか思いながらもタチウオ釣りを継続していましたが、

ホゲそう・・・ と脳裏を過ったりカマスも欲しい所w

「ライトタックル一緒に持ってきておけば良かった。。。」と後悔しながら小走りで車へ取りに戻ります。
運動不足もたたって虫の息状態で釣座に戻って来ました(;´Д`)

疲労で少し手元が震えつつもカマスの準備を終えキャスト~!
ふとカマスしようかな?と思った時に始めていれば良かったのですが、躊躇してタイムロスのせいで時合が終わりかけの模様。初投目で一匹確保できました(えんぴつサイズをw)が、フッキングミス数回とチェイスもだんだんと減り追加がありません。。。そうしていると先客の旦那さんらしき人が

「お。アタった!」

ナヌ!この人もタチウオ狙いしてたんかぃ。。。w
まぁ、それはともかくタチウオの時合到来が分かったのでカマスからワインドにもどします。

私が数投している間に、先客の方がヒットした模様。
「裏山・・・」

その時、抜きあげるところでバラしたようです。
その人には悪いければ、ホッとした自分が居ましたw

ワインドシャッド75よりマナティのスティックタイプでの方が良さそうな気がしたのでここでマナティ90(パールホワイト)に変更し、そこそこ光量も落ちてきていたのでケミチューン(緑)もセット。

ひとまずキャスト~。
先客の男性は、プラグで表層を攻めてのヒットだったので私もカウント3~5程度からシャクりはじめることに。

1投目、2投目・・・反応がありません。
タチウオの数が少ないのかな?

次のキャストでは、テンポ遅めで軽めのそしてフォールを織り交ぜたロッドワークをやってみよう。

チョーン、チョーン×3~5回→フォール

この繰り返しで3~5メートル先まで巻き寄せてきてのフォール後のシャクりはじめの時でした。

「ん?あれ?根がかり・・・?そんなに沈めたっけ。。。(汗)」

とか焦ったのですが、もさ~と動かせます、少しドラグも出ます。
居食いのような、アタリというような感触がありませんでしたがヒットしていました。w

念の為に2度アワセを入れながら、巻き寄せてます。
ロッドは余計な煽りをせず一定のテンションのまま巻きます。(これ大事です。)

そして、足元まで寄せ一気に抜き上げます。
ガッツリと発光体(ケミチューン)が入っているところに歯型が付いておりトレブルフック2本にフッキングしていました。

指3本弱な良サイズでした(^^ゞ

この時、19:10ころ?

このあと21:30ころまでキャスト方向を変えたりワームを新しいのに付け替えたりなどなどしてみましたがアタリすらありませんでした。

この時期は時合がすごく短いですねぇ。。。(^_^;)

DSC03704

本日の釣果になります。

カマス 1匹 (超えんぴつサイズ)

タチウオ 匹 (指3本弱くらい?)

釣行まとめ

ようやくタチウオに出会えたのでホッとした感じではありますが、やはりこの時期は時合が短いため効率よく釣らないと釣果を伸ばすことができませんね。

効率よくとは、「タチウオの居るレンジ(層)をいかに早く察知できるか」とか「当日の当たりロッドワーク」などでしょうか。
これは今回私の反省するところでもあります。

あと暗くなる前には早くても発光体のケミチューンのセットもやっておいた方が短い時合だけに良いでしょうね。
私はセットしていたのですが、久々だったのもありセッティングがうまくいっておらずスイミングチェックで真っ直ぐ泳がずタイムロスにもなり、一匹だけの釣果となってしまいました。

どうもケミチューンのセットが下手なようで真っ直ぐ泳がず手間取ってしまったのが今回の原因の大半でしょうか(^_^;)

改善策としては釣行前に先に穴を開けて作っておくのが良さそうですね。

また今年は気温の上昇が早くタチウオの接岸も例年より早いようです。
時間が取れたらまた行きたいと思います。

それとあと。。。未だにワインド専用ロッドではありませんので早く揃えたいものです。。。

以上、タチウオ釣行でした。

  • 1

関連記事

no image

ウルトラライトショアジギング(ULSJ)と呼ぶのかな?

本日、うちの愛犬(チワワ)のカット&シャンプーのためにペットサロンへ行って参りました。爪切りもしても

記事を読む

no image

FLAP(フラップ)釣法でのタチウオゲーム

「時間が取れれば近いうちにタチウオ釣行したいな」先日(20日)の釣行後、家に持ち帰り真水で洗浄して室

記事を読む

メバリング~調査釣行~

厳寒期まっただ中ではありますが、本日寒気が少し緩んだため釣行しました。   【釣行デー

記事を読む

近場でもタチウオ釣行

今週もプチ遠征してタチウオ狙おうかと思ったのですが、、、これが結構疲れます(苦笑) 行きは良い良い

記事を読む

no image

ライトタックルで狙う旬の魚

昨年はタイミングなどを逃して釣行できなかったソウダガツオ、7月中頃に待ちに待った釣果情報がではじめた

記事を読む

秋のタチウオ釣行 2日目 南の方が良さそうなので少し南下してみる

昨晩(18日)は散々な結果でしたので気持ちは消化不良気味。 この釣行の後、お師匠とお話したのですが

記事を読む

久々のライトゲーム釣行

12月に入りタチウオもほとんど終了のようですが海水温がまだ高めで場所によっては若干釣れているようです

記事を読む

メバリング釣行~ライトワインドも試してみたヨ~

しばらく釣行出来ずに悶々としてとても釣りがしたい状態(禁断症状w)でそろそろと思ってたのですが朝

記事を読む

今年(2016)の初釣行してきました

前回の釣行(2015年12月末)から半年もの時が経過しているとは。。。(汗)体の故障とかゴタゴタとか

記事を読む

ぷち遠征タチウオ釣行 二回目

先月の9月末では、大潮に潮の濁りとマヅメに合わせての引き潮といくつかの状況が合わさりそれが原因だった

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*


follow us in feedly
no image
秋冬タチウオ釣行

「行きつけの漁港でタチウオ釣れたよ~。」 と情報が入ってきました。

no image
2017年 釣り始めしてきました

新年になりました。新年を迎える前に12月中に後一度くらいはタチウオ釣行

no image
タチウオ釣行、雨が降ると高活性に

11月も後半になり、もやはホームグランドと呼べそうな馴染みの場所でのタ

no image
タチウオ釣行 バイトはあったものの・・・。

前回の釣行では大潮(初日)と月光が逆作用したのかゼロではありませんでし

満月時の釣りへの影響はあるのでしょうか?

まだまだタチウオは場所によりけりですが好釣果が続いているようです。なの

→もっと見る

PAGE TOP ↑