ライトタックルで狙う旬の魚

公開日: : 釣行日記

昨年はタイミングなどを逃して釣行できなかったソウダガツオ、7月中頃に待ちに待った釣果情報がではじめたのであとは釣行するのみ!

仕事(自営手伝い)の合間を狙って行ってまいりました。

梅雨は既に明けており、じめじめした不快感は去っておりますが気温は夏らしくなってきています。

以前、この容赦なく照りつける陽光を甘く見たために酷い日焼けを負いましたので上下装備は長袖で麦わら帽子を被り水分補給にスポーツドリンクと準備は万端で挑みました。

今回はソウダガツオもターゲットですが昨年あたりから人気らしいキス釣りも目的にしています。

7月28日(木)釣行データ

釣行時間  6:30~12:00
天気    晴天
潮     長潮 干潮(7:03) 満潮(13:39)

釣行時間がド干潮目前でしょっぱなからボウズ臭ぷんぷんな感じではありましたがひとまず目的地に到着。

現地到着は6:50ころだったかと、周りを見渡すと既に常連のおっちゃんなどが若干数釣り始めていました。

車を停め外に出てみると、、、。

暑い・・・!

これ一言に尽きますね、気力を一気に削いでいかれそうな勢いです。

気を取り直して車から道具を取り出し外海に近い場所へ移動

カマスも狙えるポイントで釣り始めることにしました。

風がそこそこありピーカンではあるものの、やや涼しい感じがしました。

ド干潮目前なので潮は動いておらず海面は凪状態、時折吹く風で若干波立つ状態

まずは先週辺りにネット通販で取り寄せたライトタックル向けのキス仕掛けでキス釣りを始めてみます。

ロッドワークはデッドスロー気味のリーリングとロッドでさびく二通りで探ることにします。

一投目早々、ボトムを取りロッドをさびいてゆくと

ぷるぷる。

というような弱目の反応があり気にせずさびいてゆきましたが乗らず。

仕掛けを回収して再遠投し、同様にさびいてゆくと。

コツコツ。

と明確なアタリがほどなくして合わせると乗りました。

慎重に巻き寄せて抜き上げると本命の10数センチなキスでした。

活性が良かったのかワームを丸呑み、、、事前に勉強した飲み込んでしまった時の対処方法を試みるも勉強通りにスポっとは外れず力任せに外しました。

なぜだろう。。。うまくいかない(汗)

気を取り直して再遠投、次のキスを狙ってゆきますがこの後トラギスを一尾追加したのみでキス釣りは終了。

ソウダガツオらしき魚影を確認していたのもあり、メタルジグでのジギングへ変更します。

まずは5gのゼブラグローカラーを遠投して表層タダ巻きで探っているとコツコツとバイトがありアワるとフッキング成功!

フッキング後、思ったより引きが軽くソウダガツオでは無さそう。。。

近くまで巻き寄せてみると良型のカマスで後方に鉛筆サイズの仲間がついてきていました。

とりあえずカマスが釣れるみたいなのでターゲット変更。

以降はメタルジグのカラーを変えてみたり重さを変えてみたりプラグに変えてみたりして鉛筆サイズのカマスが数匹釣れました。

サイズがサイズなので、ほとんどリリース。

カマスのアタリが遠のいてきたあたりでソウダガツオの群れ(10~20匹程度)の回遊を確認できたのでまたもやターゲット変更w

とりあえず過去に実績のあるシリテンバイブ8gに変更し投げてみましたが一度チェイスがあったのみで反応はイマイチでしたのでメタルジグ(ピンクバック)に変更。

時間的には9時をまわっていたので潮流が始まった頃合いだったのでしょう、この為カツオが入ってきたようでした。

メタルジグでのソウダガツオは始めてで、ロッドワークが不明。。。

困った、、、師匠に聞いてみようか?

など考えながら遠投をしカウントダウン開始~。

って、なんだか引いてる?プルプルとロッドに伝わってくる生命感が。

ひとまず軽くさびきつつ竿に聞いてみると。。。魚のようです。

この時点では何がヒットしたのか分からず、とりあえず合わせてみると謎の魚が突っ走ってゆきます。

ライトタックルなのでリールが2000番、ドラグが凄い音を出してラインが出てゆきます。

!?ひぃぃぃぃぃ。

以前はエギングロッドで3000番リールで釣っていたのでライトタックルでのこの挙動には思いっきり焦っています。

正体は分かりませんが直感的にヤツだと確信しておりました。

焦りはしましたが、これは。。。楽しいですね!

ランディングに時間は掛かりましたが、サイズが小さめだったので難なくネットに取り込めソウダガツオ一匹目確保できました。

それはそうと以前は釣れ始めると投げればすぐにアタリ数釣りに近い状態だったのだが今回は群れが小さく数投して回遊とのタイミングが合わないと釣れないようです。

そのため次に訪れたのも諦めかけていた時の表層タダ巻き(時折トゥイッチ)時に

ドスン!と突然きました。

今度のはサイズが大きいようで突っ込みが先程より激しい感じ。

時間も掛かり、ネットに収めるのに少し苦労しました。(^_^;)

あまり走り回られると他の人の仕掛けとお祭りなんてこともあるので内心はドキドキ状態でした。w

幸い本日は平日で釣り人が数人程度で助かりましたかね。

この後も足元数メートル先を群れが走り去るのが見えまだまだ狙えそうでしたが、12時頃に納竿としました。

水分補給用のドリンクも空っぽになったのもあり暑さと乾きで納竿w

水汲みバケツを忘れて持参していなかったので締めるのとか手洗いとかに不便でした。(汗)

さて次回はキスが数釣れそうな場所をリサーチしないと。。。

 

【今回使用したタックル】

ロッド:メジャークラフト CRK-T762M
リール:シマノ RARENIUM CI4+ 2000HGS
ライン:PE 0.3号(リーダー フロロ1.75号)
キス釣り:チョメリグ6g キス針7号 ガルプ サンドワーム(太)
カマス・カツオ:メタルジグ5~7g、シリテンバイブ8g

  • 3

関連記事

タチウオ調査釣行

紀北方面ではタチウオが釣れていると聞き、中紀も場所により釣れているそうで。 しかも! メーター超

記事を読む

満月時の釣りへの影響はあるのでしょうか?

まだまだタチウオは場所によりけりですが好釣果が続いているようです。なので、、、。時間が取れたのとこれ

記事を読む

中紀エリアでのタチウオ調査釣行

今月6月に入り2回ほど釣行してアテが外れ悶々としております。釣具屋のHPを見れば紀北エリアなどではメ

記事を読む

メバリング~調査釣行~

厳寒期まっただ中ではありますが、本日寒気が少し緩んだため釣行しました。   【釣行デー

記事を読む

紀南エリアへのアジング釣行(夜間編)

先週末は大雨による潮の濁り今週末はそれに加えて台風10号の影響による海のうねりによる潮の濁り(そ

記事を読む

no image

FLAP(フラップ)釣法でのタチウオゲーム

「時間が取れれば近いうちにタチウオ釣行したいな」先日(20日)の釣行後、家に持ち帰り真水で洗浄して室

記事を読む

秋のタチウオ釣行 2日目 南の方が良さそうなので少し南下してみる

昨晩(18日)は散々な結果でしたので気持ちは消化不良気味。 この釣行の後、お師匠とお話したのですが

記事を読む

no image

秋のタチウオ釣行

8月の終盤あたりから地元エリアでは秋タチウオが始まったとの情報が入ってきました。 そこから二週間ほ

記事を読む

no image

梅雨シーズンは行ける時に行かなきゃ後悔残りますかね

先日の釣行は折角の晴れ間に雨の影響で海は濁っており釣果に至らずじまい。もしかしてタチウオ抜けちゃった

記事を読む

真夏の紀南エリア遠征釣行

前回の紀南エリアでの釣行では思った釣果が得られなかったそうでリベンジ戦を今回盆休み中に行くことになり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*


follow us in feedly
no image
秋のタチウオ釣行

8月の終盤あたりから地元エリアでは秋タチウオが始まったとの情報が入って

no image
久しぶりの釣行

最後に釣行したのは去年の11月でのタチウオ釣行。 かれこれ10ヶ月ぶ

no image
秋冬タチウオ釣行

「行きつけの漁港でタチウオ釣れたよ~。」 と情報が入ってきました。

no image
2017年 釣り始めしてきました

新年になりました。新年を迎える前に12月中に後一度くらいはタチウオ釣行

no image
タチウオ釣行、雨が降ると高活性に

11月も後半になり、もやはホームグランドと呼べそうな馴染みの場所でのタ

→もっと見る

PAGE TOP ↑