ワインド釣法でのおすすめ専用ロッドを紹介

公開日: : 最終更新日:2015/05/25 タチウオ, タックル, ワインド

fishing-rod-276221_1280

去年の冬なのですが、タチウオワインドするのによく行くとある場所へ行ってみたら以前はエサ釣り師ばかりだったその場所にめずらしくロッドをひっきりなしに振っている(シャクっている)釣り人数人が来ていました。

その場所は、アオリイカも釣れますので最初はエギングかな?と思ったのですがロッドワークがそれとは違い連続でシャクっているではありませんか。。。w

ワインド釣法をされてる方々でした。

それを見て私は「あぁ、、、こんな場所でもお見かけするようになるとは」と思ったのと同時にワインド釣法ファンが今もなお増えているんだなぁと感じた次第です。(^^ゞ

また、その方たちの使用しているロッドを拝見するとエギングロッドを使っていました。
ワインドにエギングロッドを使ってる人たち結構多いんですね。(^_^;)

シャクり続けるからこそ専用ロッドを

私はワインド釣法で釣っているのはタチウオで始めたのが2012年の9月ころだったかと思いますエギングロッドで今年2015年で3年目になるのですが、2年ほどシャクってきて常々感じている事があります。

それは。。。!手首への負担と腕への疲労度が半端ないンですよ(-_-;)

このままじゃ腱鞘炎になるんじゃないかと思うほど(苦笑)
エギングロッドで長年シャクっておられる方なら同じ気持なんでしょうかねぇ。。。(^_^;)

当初はワインド釣法てのがそゆものだと思ってたわけなんですが、少しでも軽減できないかと思ってGoogle先生に改善策を聞いて調べてみたところ、「専用ロッドを使えば腕などへの負担が違ってくる」と答えがこれでした。

そりゃまぁ、「専用」だけに専用設計されていて負担とか疲労度とかは軽減されるでしょうけど、、、買い換えるほど違いはあるの?見た目は格好いいからその内、欲しい事は欲しいけど・・・w程度で思っていたのです。

流用ロッドと専用ロッドの違い

ところが、たまたまネットサーフィンしていて行き着いたとあるブログにて記事タイトルが「ワインド専用って、どうよ?」というのに興味を持ちひとまず拝読してみたんですよ。

eging002

上の画像はエギングロッドでこれを元に説明します、ちょっと見難いですが赤丸の部分がリールシート部分でここにリールを付けてこの部分を握ってシャクるわけですが、やはり持ち重りがあるので疲れてくるんですよ。

それで、少しでもシャクりやすいように青丸部分のフロントグリップ部を持ちシャクると若干操作しやすくそして、少し楽になります。

出来れば持ち重り感をもっと減らす為にバッド(赤い部分)方向へ持ちたいわけですが、エギングロッドのグリップ部は青丸のところで終わる訳で。。。(^_^;)

それがどっこい!(何語?w)ワインドロッドだと、さらにグリップが長くなっており(オレンジ部分)その分持ち重り感も軽減し、そのうえ専用ロッド設計の操作しやすさとの相乗効果によって。。。想像できますよね?(^^ゞ

ただでさえシャクり続けるワインドですし、少しでも負担を軽減できるなら、もっと使いやすくなるなら専用ロッドにしない理由はありませんよね(*´∀`)

おすすめワインド専用ロッド

前置きが長すぎましたね・・・すみません(^_^;)

専用ロッドにも色々ありまして、値段や性能ピンからキリまでありどれが良いのか結構迷いますよね。
どれにしようかな~?とあれやこれやと見て迷いながら購入し手元に届くまでわくわく楽しいものです。

決め手のひとつとして人気のあるロッドと以下のような基準をもとに紹介させていただきますね。

※選択基準は以下の3点

  1. ZZヘッドの使用頻度の高い1/2ozを含め3/8ozから5/8ozまで対応してる事
  2. 価格は8000円前後~20000円弱程度(個人的に買えそうな範囲なので)
  3. フロントグリップ(リールシートより前方のグリップ)が握りやすいもの

この条件からいくつか探しだしてみました(^^ゞ

メジャークラフト製ワインドロッド

solparawind
【メーカー 】メジャークラフト ソルパラシリーズワインド用
【型番   】SPS-832MLW
【長さ   】8.3ft
【適合ルアー】1/4oz~5/8oz(約10g~約17.7g)
【適合ライン】PE0.6~1.2号
SPS-832MLW【Amazon】
SPS-832MLW【楽天市場】
SPS-832MLW【ナチュラム】 icon

・初心者や女性にも扱えるセッティングでもありながらベテランの方でも魚の引きを味わえるロッド。
 価格も1万円を大幅に切っていてこれからワインドを始められる方もこのロッドから始められては?


【メジャークラフト ソルパラシリーズ紹介動画】 

skyroadwind
【メーカー 】メジャークラフト スカイロードシリーズワインド用
【型番   】SKR-832MLW
【長さ   】8.3ft
【適合ルアー】1/4oz~5/8oz(約10g~約17.7g)
【適合ライン】PE0.6~1.2号
SKR-832MLW【Amazon】
SKR-832MLW【楽天市場】
SKR-832MLW【ナチュラム】 icon

・メーカー公式の数値ではありませんが自重が115g前後のようです。(若干の誤差あり)
 値段も1万弱というお手頃価格なのに価格以上の性能で青物・キジハタもターゲットに。
 以前の専用ロッドよりも新しいコンセプトで設計されており軽さ・操作感が一段と向上。


【スカイロード ワインドの紹介動作】

スカイロードいいですねぇ。。。めっさ欲しくなりました(;´Д`)

ジャストエース製ワインドロッド

次にオンスタックルデザイン(ワインドの生みの親)とジャストエース(カスタムロッドメーカー)の最強タッグから生み出されたワインド専用ロッドを紹介してみます。

私が住んでいる地元店では注文して取り寄せてもらわないと入手できないんですよね。
ネット通販でも、大手メーカーナチュラムさんでも取り扱ってないようで楽天市場では取り扱ってるショップがちらほらと、しかもショアワインダーに関しては超人気商品で売りきれてるショップも多いですね(汗)

bewinder77

【メーカー 】ジャストエース ワインドロッドエントリーモデル
【型番   】BEWINDER 77
【長さ   】7.7ft
【適合ルアー】1/4oz~5/8oz(約10g~約17.7g)
【適合ライン】PE0.6号~1.0号
★送料無料★ Be Winder 77【楽天市場】

長さが7.7ftと8ftを切る扱いやすい長さで初心者や女性向でも扱いやすいモデル、ガイドはライントラブルが少ないKガイドそして注目したいのがワインドグリップ、フロントグリップを握ってシャクる仕様になっているところが嬉しいですね。(^^ゞ
またテトラなどの狭いところでも扱いやすい長さなのでベテランさんにも使っていただけますね。

次に、非常に人気があるShore WinderシリーズZZヘッドを使うならもっとも相性が良いといえる専用ロッドですね。

 

832kmst

【メーカー 】ジャストエース ショアワインダーステンレスガイド
【型番   】ShoreWINDER 832KMST
【長さ   】8.3ft
【適合ルアー】3/8oz~5/8oz(約10.6g~約17.7oz)
【適合ライン】PE0.6号~1.2号
【送料無料】Shore Winder 832KM ST【楽天市場】

オンスタックルデザインさんのワインド釣法のノウハウが詰め込まれた至高のワインド専用ロッド
メーター級のタチウオにも負けないトルクも持ちあわせています。
ロッドの感度も良く、コツコツしたバイトも分かり、キャストしたZZヘッドが沈んでゆくのも感じ取れるとか。。。

またおすすめなのを見つけたら更新していきますので(^^ゞ

それでは!

 

  • 3

関連記事

ワインド釣法でジグヘッドをダートさせて釣る方法

ワインド釣法という釣り方を知ったのはタチウオの釣り方をインターネットで調べていた時でした。 当

記事を読む

タチウオの釣り方~ワインド釣法でのタックルと釣り方解説~

釣れた時の引きが良く家に持って帰って食べても美味しい為、全国に多くのファンが居るほど大人気のター

記事を読む

ライトワインドの釣り方~ジグヘッドアクション編~

前回に引き続きライトワインドについての記事になります。 知れば知るほど興味が湧き「釣り行きたい

記事を読む

ライトワインドでの釣り方(タックル解説など)

前回に引き続き、ライトワインドの解説をしてゆきますね。 今回は、タックル解説をメインに話を進め

記事を読む

ワインド釣法でジグヘッドをダートさせて釣る方法(ジグヘッド・マナティ取り付け解説)

今回はワインド釣法の威力を最大限に活かすために釣行するまでに目を通していただきたいZZヘッドへト

記事を読む

ワインド釣法に最適なリールを調べてみました

ワインド釣法で使用する2500番~3000番クラスのスピニングリールを紹介したいと思います。

記事を読む

ワインド釣法でジグヘッドをダートさせて釣る方法(マナティチューニングとシャクり方)

前回では、ZZヘッドとマナティのセッティング方法を説明致しましたがそこそこは理解いただけたと思い

記事を読む

タチウオワインドに便利なアイテム紹介とシャクり方の補足

前回の記事「タチウオの釣り方~ワインド釣法でのタックルと釣り方解説~」の補足的なものを書きたいと

記事を読む

ライトワインド(マイクロワインド?)での釣り方が面白そう

ライトワインドと言う釣法、巷では結構盛り上がってきているようですね。存在自体は、以前から知ってい

記事を読む

タチウオワインドで使うマナティ・匠魚(ワインドシャッド)解説

※写真はマナティ90(袋入り:MT-1パールホワイト、青色:MT-11ブルーバック、ピンク色:M

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*


follow us in feedly
no image
【タチウオ釣行】旧FLAPヘッドへワームの代わりにエサを使ってみたら。。。

前回の釣行で初代FALPヘッドにサンマの切り身を巻き付けて使ってみたと

no image
【タチウオ釣行】台風直後はどうなんでしょう?

9月の頭頃だったでしょうか、関西で猛威をふるい私のところでも家への大き

no image
秋タチウオ釣行 夕マヅメからエントリー

タチウオの爆釣劇から1週間、潮周りも良いので二回目行ってまいりました。

no image
秋のタチウオ釣行

8月の終盤あたりから地元エリアでは秋タチウオが始まったとの情報が入って

no image
久しぶりの釣行

最後に釣行したのは去年の11月でのタチウオ釣行。 かれこれ10ヶ月ぶ

→もっと見る

PAGE TOP ↑