ワインド釣法に最適なリールを調べてみました

公開日: : 最終更新日:2015/05/15 タチウオ, タックル, ワインド

beach-445388_1280

ワインド釣法で使用する2500番~3000番クラスのスピニングリールを紹介したいと思います。

ちなみに私は3000版のスピニングリールでエギング用に購入したSephiaCI4+ C3000HGSDHを使っています。それに合わせて8ftジャストのエギングロッドしか持ちあわせていないので現状これを使っています。

このロッド長ではラインスラックが出せていない感じがしています。ハイギアリール一回転あたりの糸巻量が88cmだからなんでしょうね。。。これだとロッドを9ft以上のものにするかノーマルギアリールに変更かの解決方法しかありません。

そして、私の場合。

  • 主に釣る場所は堤防などからなのでロッドが9ftもあると取り回しが悪い。
  • Sephia CI4+ C3000HGSDHダブルハンドル仕様でワインドには使いづらく感じる。

2点理由から、ロッド長は8ft程度は決定で、リールは最適なノーマルギアタイプのを新調で計画しています。

自分の購入候補として調べていたのですが、ロッド長8ftあたりを検討していてリールも探されている方にも参考になるかどうか分かりませんがシェアさせていただきますね。

各社メーカーから2500番~3000番クラスのスピニングリールは色々出ていて迷いますねぇ・・・
値段も数千円からン万円のもあり、数千円で済ませたいところ。

ロッドにリールに、、etc 予算内に収める為に削れるところは削りたい!思う事は皆同じ(;´Д`)

ですが、リールだけは力を入れて1万円を超えるそこそこ良いものを買ったほうが良さそうです。
以前、4000円程度のリールを買ってみたのですがこれが失敗でした。(-_-;)

ラインローラーは硬くてほとんど回らず、ラインローラーの糸が接触する部分が摩擦で削れて溝が出来てましたし、スプールのドラグを調整しても釣りをしている間に緩んできて魚が掛かってもゆるゆるドラグでフッキングがあまくバラしてしまいますし散々な経験をしました。(^_^;)

そういえば、もうひとつ不満がありましたね(汗)
それはリールを巻くとなにかゴリゴリ感があって巻き感も重く感じて釣りに集中できませんでした。w

海釣りを通して分かってきた事なんですが、リールの方にもハンドルを通して色々な情報が伝わってきますね(^^ゞ

潮が流れている感覚やそれにルアーが流されてリールの巻きに重みを感じたり、魚のバイト(アタリ)も感じ取れます。

これが、滑らかな巻きが出来ないゴリゴリとしたノイズが混ざってくると分からないんですよね、このチョットした事でも釣果に影響するのでしょうね。

※以下にて紹介している各メーカーのリールの糸巻き量ですが、PEライン時の巻き量のみ記述しています。

おすすめリール【シマノ】

【シマノの主なテクノロジー】

X-SHIP:入力したパワーを効率よく伝達し、より強力な巻き上げを可能にするギアシステム。
CI4+:軽量カーボン素材CI4を進化させた新カーボン素材、軽さは継承し新たに剛性・耐久性が大幅にアップ。
マグナムライトローラー:CI4+素材を採用したシマノ史上最軽量ローター。
AR-Cスプール:「トラブルなく」「飛距離を伸ばす」2つの目的を両立させる為に開発されたスプール。

product1
【メーカー】シマノ
【型番  】12 アルテグラ 2500S
【糸巻量PE】0.6-200、0.8-150、1-110
【自重  】240g
【備考  】X-SHIP・マグナムライトローラー・AR-Cスプール 採用
12 アルテグラ 2500S【ナチュラム】 icon
12 アルテグラ 2500S【Amazon】
12 アルテグラ 2500S【楽天市場】

マグナムライトローラーに新素材「CI4+」を採用し、X-SHIPとの相乗効果によって巻き始めも軽く、巻き心地もなめらか。
従来よりも軽くなっており、ドラグもスムーズで良い感じです。
スプールはAR-Cの浅溝タイプ、キャスト時のライントラブル低減化と飛距離アップにも繋がりPEラインとの相性もGOOD。
ただ、ボディーには高強度樹脂が使われていますが剛性は賛否が分かれているようですね。
ワインドにはPE0.8号を150m巻いて使えますねお値段は1万1千円弱
イージーメンテナンスシステムで簡単に注油が出来るのでこまめにメンテナンスすれば長く使えますね♪

product1
【メーカー】シマノ
【型番  】13 ナスキー C3000
【糸巻量PE】1-400、1.5-270、2-180(0.8-200、1-150、1.2-100)※カッコ内は付属のエコノマイザー使用時の糸巻量です。
【自重  】265g
【備考  】X-SHIP・AR-Cスプール 採用
13 ナスキー C3000【ナチュラム】 icon
13 ナスキー C3000【Amazon】
13 ナスキー C3000【楽天市場】

お値段は約8000円ではありますがX-SHIP搭載、AR-Cスプール搭載と贅沢な仕様。
X-SHIP搭載で巻き始めも重みを感じずに巻き心地もなめらか、こちらもスプールはAR-C採用でPEラインとの相性はもちろんのことライントラブル低減にも繋がりますね。
おまけにドラグ性能も申し分ないようでコスパ抜群かも。
また、特筆すべき点は付属のエコノマイザー!装着すればスプールの浅溝化が出来、余計な下糸要らずに0.8号のPEも200m巻くことができます。(糸代の節約にもなりますよね♪)
BB追加でラインローラーなどチューンナップが出来て、若干のアップグレードが出来るのも嬉しいところ。(この辺は一部ユーザーくらいでしょうか?)

sephiaBB
【メーカー】シマノ
【型番  】13 セフィアBB C3000S
【糸巻量PE】0.6-200、0.8-150、1-110
【自重  】245g
【備考  】X-SHIP・マグナムライトローラー・AR-Cスプール 採用
13 セフィアBB C3000S【ナチュラム】 icon
13 セフィアBB C3000S【Amazon】
13 セフィアBB C3000S【楽天市場】

エギング・ワインド共にどちらもシャクる訳で。。。それならこのエギング仕様のリールでOKじゃない?と思うわけです。
CI4+素材のマグナムライトローラーとX-SHIPとで巻き始めも軽く、快適なリーリングが可能。
AR-C+シャロースプールでライントラブルの低減と自重の軽量化で良い感じ、高価なPEラインも必要十分な量が負けるのでコストも抑えられますね。
特筆べき点は、ラピッドファイアドラグの採用で瞬時にドラグの調整が出来、大物の急な突っ込みにも対応が容易にできます。
こちらもイージーメンテナンスシステム搭載でメンテナンスが楽ちん♪
お値段も1万2千円弱

biomaster

【メーカー】シマノ
【型番  】11 バイオマスター C3000
【糸巻量PE】1-400、1.5-270、2-180(0.8-200、1-150、1.2-100)※カッコ内はエコノマイザー装着時
【自重  】255g
【備考  】X-SHIP・AR-Cスプール 採用
11 バイオマスター C3000【ナチュラム】 icon
11 バイオマスター C3000【楽天市場】

適度な慣性を持つ高剛性ローターが生み出す『しっとりとした質感のある回転フィーリング』を特徴とするシリーズ
X-SHIP・AR-Cスプールはもちろん搭載、スプールは深溝タイプですが付属のエコノマイザーを装着すれば1.2号以下のPEラインも上記の通りの長さが下糸巻かずに巻けます。
特筆すべき点は、リールの剛性で不意な大物にも安心して使えそうですね。
使用されている方々の評価も上々、お値段は1万6千円弱

おすすめリール【ダイワ】

freams

【メーカー】ダイワ
【型番  】15 フリームス 2506
【糸巻量PE】0.8-130、1-100
【自重  】270g
15 フリームス 2506【ナチュラム】 icon
15 フリームス 2506【Amazon】
15 フリームス 2506【楽天市場】

ダイワの新生フリームス、2015年製出たばかりですね(^^ゞ
マグシールド+ドラグシステム「ATD」で滑らかな回転性能を長期間保持し、ファイト時も常にアングラー側が主導権を握れる以前より遥かに進化したフリームス。値段も凄いのかと思いますが1万1千円弱、S社には脅威の代物では・・・w

CALDIA_2506

【メーカー】ダイワ
【型番  】14 カルディア 2506
【糸巻量PE】0.8-130、1-100
【自重  】220g
14 カルディア 2506【ナチュラム】 icon
14 カルディア 2506【Amazon】
14 カルディア 2506【楽天市場】

こちらも同じくマグシールド搭載で滑らかな回転性能を長期間持続でき、ドラグシステム「UTD」(ATDと同様?)も採用されており、その上ラインローラーにはBB内蔵いい感じですね(^^ゞ
自重も軽く、軽いワインドロッドには軽いリールで快適なシャクりを続けられると思います。
お値段は16000弱

luvias2506

【メーカー】ダイワ
【型番  】12 ルビアス 2506
【糸巻量PE】0.8-130、1-110
【自重  】205g
12 ルビアス 2506【ナチュラム】 icon
12 ルビアス 2506【Amazon】
12 ルビアス 2506【楽天市場】

カルディアの上をいくリール、剛性・軽さ・滑らかな巻き心地、ドラグはもちろんUTD採用されています。
お値段は23000弱

スピニングリールまとめ

シマノからは4点、ダイワからは3点上げてみましたが、これ以上にも高性能なリールはありますが値段も上になってきますしキリがありません(;´Д`)

今回取り上げたリールどれを選んでもハズれは無いと思いますが強いて言うなら。。。

価格を重視するならば、シマノのナスキーC3000かダイワのフリームス2506でしょうか。

低価格帯の性能面では、自重270gさえ気にしなければフリームス2506がコスパ的に圧倒でしょうね。(270gという自重も性能・価格で差し引いておつりがくるくらいですが)

価格は23000円程度になりますが、ダイワのルビアス2506は性能面・重量面でワインドのみならず他の釣りにも使えますしコスパ的に一番おすすめですね。

後は、好みや予算と相談して選択されるのも良いですね(^^ゞ

ワインド用のリール選択の参考になれたら幸いです。

最後までよんでいただきありがとうございました。

  • 1

関連記事

ワインド釣法でジグヘッドをダートさせて釣る方法

ワインド釣法という釣り方を知ったのはタチウオの釣り方をインターネットで調べていた時でした。 当

記事を読む

ライトワインド(マイクロワインド?)での釣り方が面白そう

ライトワインドと言う釣法、巷では結構盛り上がってきているようですね。存在自体は、以前から知ってい

記事を読む

タチウオワインドで使うマナティ・匠魚(ワインドシャッド)解説

※写真はマナティ90(袋入り:MT-1パールホワイト、青色:MT-11ブルーバック、ピンク色:M

記事を読む

タチウオの釣り方~ワインド釣法でのタックルと釣り方解説~

釣れた時の引きが良く家に持って帰って食べても美味しい為、全国に多くのファンが居るほど大人気のター

記事を読む

ワインド釣法でジグヘッドをダートさせて釣る方法(ジグヘッド・マナティ取り付け解説)

今回はワインド釣法の威力を最大限に活かすために釣行するまでに目を通していただきたいZZヘッドへト

記事を読む

ライトワインドの釣り方~ジグヘッドアクション編~

前回に引き続きライトワインドについての記事になります。 知れば知るほど興味が湧き「釣り行きたい

記事を読む

ワインド釣法でのおすすめ専用ロッドを紹介

去年の冬なのですが、タチウオワインドするのによく行くとある場所へ行ってみたら以前はエサ釣り師ばか

記事を読む

タチウオワインドに便利なアイテム紹介とシャクり方の補足

前回の記事「タチウオの釣り方~ワインド釣法でのタックルと釣り方解説~」の補足的なものを書きたいと

記事を読む

ライトワインドでの釣り方(タックル解説など)

前回に引き続き、ライトワインドの解説をしてゆきますね。 今回は、タックル解説をメインに話を進め

記事を読む

ワインド釣法でジグヘッドをダートさせて釣る方法(マナティチューニングとシャクり方)

前回では、ZZヘッドとマナティのセッティング方法を説明致しましたがそこそこは理解いただけたと思い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*


follow us in feedly
no image
秋冬タチウオ釣行

「行きつけの漁港でタチウオ釣れたよ~。」 と情報が入ってきました。

no image
2017年 釣り始めしてきました

新年になりました。新年を迎える前に12月中に後一度くらいはタチウオ釣行

no image
タチウオ釣行、雨が降ると高活性に

11月も後半になり、もやはホームグランドと呼べそうな馴染みの場所でのタ

no image
タチウオ釣行 バイトはあったものの・・・。

前回の釣行では大潮(初日)と月光が逆作用したのかゼロではありませんでし

満月時の釣りへの影響はあるのでしょうか?

まだまだタチウオは場所によりけりですが好釣果が続いているようです。なの

→もっと見る

PAGE TOP ↑